2014年6月アーカイブ

妊娠中 旦那 浮気で遡る記憶

妊娠中 旦那 浮気?「先日、夫より聞いたわ」マジ?じゃあその...今後は?「さあ、何も浮かばず。結局、数年でこれじゃ、恥ずかしくて親元へ帰れず」

ご愁傷様。困った事あれば、何でも申し付けを。微力なれど協力、一切惜しむつもりは無いわ。「有難う。気持ちだけ受け取...あ、なら、泊まっちゃ駄目?」

へ?「妊娠中 旦那 浮気が発覚後、当然大喧嘩へ発展、家に戻れんのよ」別にかまわんけど、大丈夫?「勿論」って...荷物すら持たず、身一つで?

「頭がパー...」ちょ、相変わらず無鉄砲。「ふぅ。私も馬鹿だと思うけど、治せず」妊娠中 旦那 浮気かぁ、子供は大丈夫?「多分」曖昧ね。

「ごめん」謝らんで頂戴。「はぁ、困った。妊娠中 旦那 浮気とか最悪よ、本当。ねえ何で?妻を嬲り傷付け、楽しい訳?意味が...」

そりゃ私も分らんさ。ただ、それでも好きだった筈じゃ?「...」確か、純粋なところに惹かれた?

「騙され...」やり直そ?「彼と?」んー。「無理、絶対。結局、妻子より仕事。あげく不倫」

駄々をこね始める始末

先週平日に休みを取った昼に、ハンバーガーが食べたくなり、ショッピングセンターのフードコート内にある、マクドナルドへ行った。

ガラガラを想定してたのに、平日ランチタイムは、子連れの母親と老夫婦の占領下にあった。食べてサクッと帰ろうと思ってたから、カウンターに近いテーブルへ着席。

隣には70代後半と思える、老夫婦が座ってた。そいつらの呼び出しブザーが鳴り、妻が焼そばを取って食べ始めた瞬間に「しょっぱ、こんなの食えない。しょっぱ」と旦那が連呼。

妻は黙々と食べている。かまってもらえないのが面白くないのか、再度「しょっぱ」を連呼。「ラーメン食う、ラーメンが良い」と駄々をこね始める始末。

あまりのしつこさに「じゃあ説明して、返品交換すれば」と促され、しぶしぶ自分でカウンターへ。

どうやら無料でラーメンに交換してもらえ、ご満悦だった。フードコートの飯ごときに、いちいち文句付けるな。